箱男朗読、第二回終了しました

ありがとうございます。おかげさまで第二回目も終了いたしました。これまでと少しシステムを組み替えまして、自分の朗読の声に「リバーブ」などの加工をリアルタイムで入れられる仕様にしてみました。いわゆるボイスチェンジャーですね。

もう一つ大きくはプロジェクターの映像を「舞台照明」的につかうというアプローチです。青色のピンスポットライトのような映像データをプロジェクターで流すことによって、そのような効果がでるのではないだろうか??と。結果から言うと、もちろん出るわけです。そう言うものですから。なので、やり始めると奥深いのですが、こちらの効果も今後、どんどんと実験していこうと思っています。

ただあんまりはでにやりすぎると、「朗読」じゃなくなるというか…。いえ、ろうどくでなくてもいいのです。面白ければ。ただ「朗読のおもしろさ」もあるので、それは大事にしたいなぁと思っておる次第です。

しかししかしなんと言っても今回の目玉は「声の出演」をしていただきました中村彩乃さんです。

中村彩乃さん 舞台俳優 安住の地 代表/劇団飛び道具

看護婦の声で出演していただきました。第二回だけでなくこの後、最後までの「女の声」をいただいておりますので、来月以降もお声の出演していただきます。

箱をかぶって…も2回終わりましてあと4回です。いよいよあったかくなってきて、僕の衣装をどうしようかとか、箱被ってお客さんが暑すぎる問題とか、いろいろ出てきますが、ボチボチと最後まで頑張りたいと思っています。

なんとか「野外」でやれるようにも少しずつ考えていきたいと思っているのです。夜の公園とか。

ぜひご注目くださいませ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。